スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロック・ホームズ全集  アーサー・コナン・ドイル

2011.10.19.20:58

またまた今更シャーロック・ホームズ!?と
言われそうですが、
これも全然読んだ事がなかったんですよ。

名探偵とその助手という設定はいろんな
推理小説で登場してきますが、
その代名詞と言われるのが
ホームズとワトスンですよね。

私もよく名前は聞いていましたが、
物語は全然知りませんでした。

私は名探偵コナン(←違うって!?)が大好きで
漫画は読んだ事はないけど、
アニメは毎回録画して見ているほどです。

コナン君の名前自体「江戸川乱歩」の「江戸川」と
「コナン・ドイル」の「コナン」から取って付けた名前だし、
コナン君の作者さんもかなりの
ホームズファンなのだろうと。
コナン君達が住んでいる町も「米花町=ベーカー街」だしね。

また赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズを読んでいて
前に書いたアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」と
コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズの冒険」は
読んでみるといいとあったので、
この機会に読んでみようと本屋さんへゴー。

そこで見つけたのが光文社から出ている
↓「新訳シャーロック・ホームズ全集」でした。

シャーロック・ホームズ全集

全9巻(←シャーロック・ホームズシリーズってもっとあると思っていた)
だったので全部まとめて大人買い。

新訳シャーロック・ホームズ全集の発売順は
↓下記とちょっと違いますが、

① 緋色の研究
② 四つの署名
③ シャーロック・ホームズの冒険
④ シャーロック・ホームズの回想
⑤ バスカヴィル家の犬
⑥ シャーロック・ホームズの生還
⑦ 恐怖の谷
⑧ シャーロック・ホームズの最後の挨拶
⑨ シャーロック・ホームズの事件簿

の順で読むといいとネットで検索。
(①、②、⑤、⑦は長編で、他は短編集です)

「緋色の研究」でホームズとワトスンが
出会います。

今の所、これ1冊だけ読みました。
トリックを見破ると言うのではなく、
殺人現場や関係者の話から
ホームズが事件の真相が分かるという、
ホームズの洞察力がすごい!

他の訳を読んでいないので何とも言えませんが、
この新訳はすごく読みやすかったです。
注釈もふってあるので、
その時代やロンドン特有の出来事なども
注釈を読むと分かります。

全部読み終わったら
私もシャーロキアン(シャーロック・ホームズの熱狂的なファン)
になってるかも!?

8月の終わりごろにNHK BSプレミアムで
3夜連続で現代版の
シャーロック・ホームズを放送していたのも
見ましたが、
とても面白かったです。


余談ですが、
赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズから
先に読んだ私は
ホームズは猫のイメージが強すぎて
ホームズは人間だと言うのに慣れない(笑)
いつでも里親募集中
プロフィール

ビケモコジオルウ

Author:ビケモコジオルウ
犬と猫 読書 旅行
が好きです。
マイペースでぼちぼちと
更新していけたらいいな~
と思ってます。
よろしくお願いします。

ビッケ & モコ & ジオ & ルウ
vicke ビッケ♀ moco モコ♀ ジオ ジオ♂ ルウ ルウ♀
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。