スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都1泊2日旅行 ~1日目~

2010.01.11.21:44

今年最初の旅行は1月9日(土)・10日(日)の
1泊2日で京都に行って来ました。

また長くなりますので読まれる方は
心構えお願いします。
写真も一杯あるので重いかも


9日の早朝3時40分頃に自宅を出発。
北陸道の雪は大丈夫だろうか?と
高速に乗るとすぐに電光掲示板で
「加賀-木之本 雪50km規制」の表示が…
加賀は石川県、木之本は滋賀県。
て事は間の福井県はまるまる雪か!?
と不安になりつつ走っていくと
やはり雪が降り出して来ました。

だんだん雪がはげしく降って来て
途中の南条SA(福井県)で休憩。

↓南条SAの様子。雪が降ってるの分かるかな?
すいごい雪01

↓車で走っているとこんな感じ。分かりにくいかな?
すごい雪02

滋賀県に入りしばらく走ると雪もやみ一安心。
そして休憩に寄った大津SA(滋賀県)で
夫が「これ買って玄関に飾っておこう」と
言うので何?と見ると

信楽焼たぬき

信楽焼のたぬき。
夫本人が玄関に立ってれば同じことじゃね!?(笑)と思いつつも、
可愛いたぬき顔を見てあってもいいかなと購入。

そして京都へと入って行きました。

雪の影響で思っていたより時間がかかったけど
7時半すぎに無事に最初の目的地「清水寺」に到着。

清水寺01

清水寺に来たのはかなり久しぶりです。
前に来てから20年以上はたっているかな

清水寺02

清水の舞台は迫力ありますね。
まだ時間も早いからか空いていました。

↓名水の音羽の滝。
清水寺03

ペットボトルに何本も水を汲んでいる人もいました。
3本のうちどの水を飲もうかな~と悩んで
無難に?真ん中のを飲みました。
でも今思うと3本ともちょっとづつ
飲んでくれば良かったかなー。

清水寺からは車を駐車場に預けて徒歩や電車移動で散策。

清水坂をずーと下って行って着いた所は
「六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)」です。

六波羅蜜寺01

このお寺はあまり知られているお寺ではないかな?
何故このお寺に来たかと言うと
「西国(さいごく)三十三所」の
第17番札所だからです。

実は去年の3月から「西国三十三所巡礼の旅」を
しております。
(さっきの清水寺では何にも書きませんでしたが、
清水寺は第16番札所になります。)

正面が閉まっているため、何処から入るの?と思ったら
もう少し横の方から入る事が出来ました。

六波羅蜜寺02

次に向かった先は「八坂神社」です。

八坂神社01

初めて来ましたが、立派な神社ですね~。

八坂神社02

私は横?の鳥居(上の写真)から入って帰りも同じ所から出たんですが、
東大路通から入ると立派な朱色の西楼門があると後で分かり
そっちから入れば良かったなぁとちょっと後悔

八坂神社を出て、次の目的地に向かう途中で
もう少しで見落として通り過ぎる所だった
↓「石塀小路」を通り
石塀小路02

いかにも京都って言う風情ある通りですね~。

石塀小路01

石塀小路を抜けた先に「高台寺」があります。

高台寺01

「ねねの寺」の愛称が付く、
北政所ねねが夫の秀吉の菩提を弔うために建立したお寺です。

高台寺02

次は「建仁寺」へ。

建仁寺03

このお寺には国宝の「風神雷神図屏風」があります。

建仁寺02

よく「写真撮影禁止」と注意書きがあるけど、
ここには何もなくみんな写真撮ってるから
いいの?と思いつつ私も撮ったけど、
後でパンフレットを見たら
「高精細デジタル複製を展示」
と書いてありました。
納得。写真撮っても大丈夫なわけだ。

法堂(はっとう)の天井には「双龍図」が。

建仁寺01

これも写真撮っても大丈夫なんだな~。
と説明を見ていたら、
私はてっきり何百年も前の絵だとばかり思っていたら
平成14年(2002年)に創建800年を
記念して小泉淳作画伯が描いたもので
わりと最近のものだったのですね。

建仁寺を後にして八坂通りへ

八坂通り01

ここはよくテレビで京都が舞台の
2時間サスペンスドラマとかで
必ずと言っていいほど出てくるので
いつもどこだろ~と思ってたんですが、
やっと来る事が出来ました。

八坂通り02

テレビでしか見た事がない所を
実際に歩いてるわ~とちょっと感動

そしてちょっと早めのお昼ご飯に
総本家ゆどうふ「奥丹(おくたん)」へ。

奥丹01

京都に行く3日前ぐらいに夫が
テレビで美味しそうな湯豆腐のお店
を紹介してたからそこに行きたい!
と言う事でやってきました。

とても落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。
テレビで紹介されていたのは南禅寺店でしたが
私達は清水店に入りました。

奥丹02

美味しい湯豆腐を堪能
ランチにしてはちょっとお高めですが、
こんな機会でもなければ食べられないからね~。

次は「東福寺」へ。

東福寺01

このお寺は京都を代表する紅葉の名所です。

東福寺02

この仏殿と開山堂をつなぐ通天橋からの紅葉が見事らしいですが、
残念ながら今は冬枯れですね。
それはそれでまた風情がありますが

次は「三十三間堂(蓮華王院)」へ。

三十三間堂01

本堂内の千体の千手観音像は圧巻です。
会いたい人に似た顔が必ずあると言われているそうです。
もっと一つ一つちゃんと見てくれば良かったなぁ。←って、誰に会いたいのだ!?
写真撮影禁止なのが残念…

三十三間堂02

せめて外から本堂の写真を撮ろうと
いろんな角度から頑張ったんですが、
何せ長い(全長118m)から写真におさめるのが難しい

次は「豊国(ほうこく)神社」へ。

豊国神社01

秀吉ゆかりの神社です。

豊国神社02

この神社に干支のおみくじがありました。
豊国神社03

今年は寅年だから寅のおみくじだけ
2列あるのか??

あまりおみくじをひかない私ですが、
可愛かったので自分の干支のを買ってしまいました。
結果は大吉。良かったぁ

この神社の参道のすぐ隣に大きめの屋根が見えていたので
その屋根も神社の建物の一部なのかな~と思って行ってみると

方広寺02

この大きな鐘がある鐘楼の屋根でした。

ここは「方広寺(ほうこうじ)」と言うお寺です。

方広寺01

「方広寺」と言うと歴史好きの方ならすぐ分かると思いますが、
あの大きな鐘は豊臣氏滅亡のきっかけとなった
「国家安康の鐘」(重要文化財)です。

大鐘の銘に「国家安康・君臣豊楽」とあったのを
家康が「この文に呪詛の言葉あり」とし、
大坂冬の陣・夏の陣を起こし、
豊臣氏を滅亡へと追い込んだ鐘です。

私は昨年の大河ドラマ「天地人」で
このくだりがあったのを見ていたので、
これがその鐘だったんだぁ~と
なんか不思議な感じがしました。

↓鐘の左上に白く囲った所が2か所あるのが分かりますか?

方広寺07

そこに「国家安康」・「君臣豊楽」の文字が刻まれています。
方広寺06

次に「行願寺(革堂)(ぎょうがんじ(こうどう))」に行きました。

行願寺01

ここも西国三十三所の第19番札所です。

行願寺02

三十三所のうち唯一の尼寺です。

そして今日の最後の目的地
「頂法寺(六角堂)(ちょうほうじ)」へ。

六角堂01

ここも西国三十三所の第18番札所です。

六角堂02

このお寺は、いけばな発祥の地で
「華道家元 池の坊」として知られているそうです。
(私は知らなかったけど

別名の六角堂と言われるように
正面からでは分かりにくいですが
裏にまわると六角形をしています。
↓この写真じゃ分かりにくいかな?

六角堂04

ここにも鳩の形をした可愛いおみくじがあったので
また購入。結果は吉でした。微妙~

六角堂03

止まり木?の部分がおみくじです。

朝から電車にも少しは乗ったけど歩きづめだったので、
この六角堂の近くの「イノダコーヒー本店」でお茶しました。

イノダコーヒー01

疲れた時には甘いものが最高ですね

イノダコーヒー02

あ、私がケーキを2個とも食べたわけじゃないですよ。
1個は夫の分ですから!

ほっと一息ついて駐車場まで戻りホテルにチェックイン。
しばらく一休みして夜ごはんに向かった先は
Yちゃんに教えてもらって昨日の夜に予約を入れておいた
「高瀬川くりお」です。

高瀬川くりお01

築120年の町家を改装した静かな路地裏の
高瀬川のほとりにある素敵なお店です。

ここは何を食べても激うまーでした。

高瀬川くりお02 高瀬川くりお03 

「九条葱の豚とろろ鍋」 「万願寺唐辛子と茄子と玉葱の丸焼き」
ほかに何品か頼んで最後に
「葱柚子雑炊」と「漬け物の盛り合わせ」で超満足でした。

高瀬川くりお04

Yちゃん、良いお店を教えてくれて本当に感謝です!

1日歩き回ったので足が痛いのもあり
明日に備えてホテルに戻って早めに就寝


はぁ~、やっと1日目終了です。
長すぎて途中で嫌になった方もいるかもですが、
(書いている私も嫌になりそうだったもん/笑)
最後まで読んでいただいてありがとうございました
いつでも里親募集中
プロフィール

ビケモコジオルウ

Author:ビケモコジオルウ
犬と猫 読書 旅行
が好きです。
マイペースでぼちぼちと
更新していけたらいいな~
と思ってます。
よろしくお願いします。

ビッケ & モコ & ジオ & ルウ
vicke ビッケ♀ moco モコ♀ ジオ ジオ♂ ルウ ルウ♀
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。