長野1泊2日旅行 ~2日目~

2009.11.26.21:37

2日目の旅の様子の前にまず書かせていただきます。

1日目の最後に行った須坂市動物園のアカカンガルーのハッチが
11月25日午後9時50分に永眠いたしました。
突然の事で本当にびっくりしました。
最後にチラッと見る事が出来ただけでも本当に良かったです。
テレビで楽しい姿を見せてくれたハッチ、本当にありがとう。
安らかに眠って下さい。ご冥福をお祈り申し上げます。



では、2日目も長くなると思うのでお気をつけ下さいね


まず今回の旅行のメインである「善光寺」へ。
実は今年の7年に1度の御開帳期間だった
5月3日に日帰りバスツアーで善光寺に来たんだけど
御開帳&ゴールデンウィークのためものすごい事に

回向柱に触って御利益を!という列が1時間以上待ち・・・
私たちのバスツアーの自由時間は残り1時間半ぐらい。
なので諦めて人の間を縫って本堂をちょこっと
お詣りしたぐらいで終わってしまったので
リベンジもあって再び善光寺にやって来ました。

朝8時過ぎに善光寺横の第4駐車場に車を止めて境内に。
あのゴールデンウィーク時の込みようが
嘘のようにガラガラでした

善光寺3

この空いている内に本堂の外陣・内陣そしてお戒壇巡りへ。
お戒壇巡りは御本尊様が安置されている床下にある
真っ暗な回廊を巡り、御本尊様の真下にある錠前に触れると
極楽往生が約束されると言われていて、あと、暗闇の中で
擬似的な死を体験し、新たに生まれ変わると言う
深い意味もあるそうです。

お戒壇巡りは前に1度だけ別のお寺でやったことがあるけど、
その時は入る前にお寺の人が説明をしてくれた
(2回角をまがると錠前がありますとか)けど、
ここは説明も何にもなしで入っていくため、
どのくらい進めば錠前があるのかも全然分からず、
右手を壁につけながら慎重に進む
前のお戒壇巡りでも思ったけど、
この世の中にこんな暗闇があったのかと思うほど
真っ暗闇で、たぶんこれが錠前だと思う所で
イヤッていうほど触りまくって来ました(笑)

本堂を出てから今年の御開帳で建っていた
回向柱に触ってきました。
善光寺1

本当は仁王門 → 仲見世通り → 三門(山門) → 本堂の
順番で行くのが良いのだけれど、善光寺横の駐車場に
止めたため本堂 → 三門(山門) → 仲見世通り → 仁王門と
逆に辿って行くことに。

まず↓三門(山門)をくぐり
善光寺4

仲見世通りへ。時間も早いせいもあり
まだお店もあまり開いてないため、どうしようかな~と思い
ホテルにおいてあったガイドブックをみると
「善光寺七福神」のお寺や神社がこの近辺の約2.5km圏内に
ちらばっており、専用色紙を購入して御朱印を集める事が出来るとわかり、
早速トライしてみました。

御朱印集めで↓仁王門も通り抜け
善光寺6

↓さらにテクテクと歩き回って集めた御朱印です。
善光寺七福神
この御朱印は押してもらえる所もあったけど
無人でスタンプのみ置いてあり自分で押すところもありました。
(御朱印料は1箇所100円で無人の所はお賽銭箱に入れてきます)

そうこうしている内に仲見世通りのお店も開いてきていたので、
まずはお漬物屋さんでたらふく試食して(お茶も出してくれるの)
お土産にも購入。

さらに小布施の栗菓子の名店でもある
「竹風堂善光寺大門店」の栗おこわに吸い込まれるように
店内に入り、出来たての栗おこわを購入。

そしてさらにZawacc caffe(ざわっくかふぇ)で
そばクレープを買ってお店の外のベンチで即パクつく。

もう少し暖かい日だったら絶対みそソフトクリーム
買ってたけど、ちょっと寒かったので断念

10時半頃になると仲見世通りの人出もかなり多くなってきました。
↓ (人の多さはちょっと分かりにくいかな?)
善光寺5

お詣りもすませたし、お土産&食べ物も買ったので
そろそろ次の目的地に行くかーと
本堂に向かい↓日本忠霊殿の横を通り
善光寺2

駐車場に戻ると係りの人が出入り口に立っており
続々とやってくる車の列に「駐車場はもう満車です」
と案内してました。が、駐車場内はどうみてもガラガラ。
たぶんこれからやってくる観光バスの予約が一杯
入っているんだろうな~と思いつつ車の中で
さっき買った栗おこわをパクついてました。(←早く駐車場から出ろ!?)

次なる目的地は「戸隠神社 五社参拝」です。

天岩戸飛来伝説の地(確か奈良にもこの伝説の地があったような)
でありその命(みこと)たちを祀ってある神社です。

「宝光社(ほうこうしゃ)」
「火之御子社(ひのみこしゃ)」
「中社(ちゅうしゃ)」
「奥社(おくしゃ)」
「九頭龍社(くずりゅうしゃ)」
の五社があります。

そして戸隠でもうひとつの楽しみは
なんといっても「蕎麦」です。
11月は新蕎麦の時期でもあり
絶対、蕎麦を食べるぞーと戸隠に向かいました。

まずは「宝光社」
宝光社2

おー いきなりこの階段ですかー
270段ぐらいあるらしい・・・
昨日の布引観音に比べたら楽勝よーと
自分を奮いたたせて階段を登り始めるが、
やはり途中で休憩。
そしてやっと神社に辿り着きました。

宝光社3

この本堂の横のほうから戸隠古道なのかな?
徒歩で五社を参拝する道がありました。
が、もちろん私達は車移動です。

次は「火之御子社」
鳥居があったので、ここか?と車を止めてみたら
火之御子社と石碑?があったので分かったけど
ここはうっかりするとスルーしてしまうかもって所でした。

火之御子社1

駐車場らしきものもなく、鳥居から階段があり、
そのすぐ先に神社が見えたので
鳥居横のちょっとあいたスペースに車を止めて
行ってみました。

火之御子社2

ここは無人で扉もしまっていたのでお賽銭をあげて
お詣りしてすぐ車に戻る。

次は「中社」へ。
中社1

この鳥居の向かい側の道路に人だかりができていたので
観光バスとかで来た団体さんの集合場所かと思っていたら
「うずら家」というお蕎麦屋さんに並んでいる列でした
ちょうど12時すぎのお昼時でもあったけど、
こんなに並んでいるから美味しいんだろうな~と思いつつ
中社への階段を登る。

中社2

この神社が五社の中で一番大きい神社でした。

そして最後の「奥社」 「九頭龍社」 (この二つは並んで建っています)
へと向かう途中でまだ時間に余裕もあるから
「鏡池」にも行くことに。

この鏡池に続く道の入り口に「そばの実」というお蕎麦屋さんが
あるんだけど、ここも駐車場から車があふれかえるほどの人気店。
あとで時間をずらして(この時は12時15分くらいだった)
このお店で食べようと決めて鏡池へと向かう。

鏡池1
鏡池(名前の通り池が鏡のようになって戸隠連峰が映ります)についたけど、
この時ちょっと曇り空&池もすこーしだけ波たっていて
鏡にはなってないな~。残念と思い
池の周りを歩いていくと


鏡池2
↑ちょっと映っているのが分かる??
これだけ見られただけでも良しとしとこう。

これが青空&水面も凪いでいるとすっごくキレイに
本当に鏡のように映るそうです。
実際に観光案内パンフレットに載っている鏡池の写真は
ため息もののキレイさです。

鏡池をあとにして「奥社」 「九頭龍社」へと向かう。
駐車場に車を止めて参道の入口へ。
奥社1

ここから奥社まで約2kmの道のりを歩きます。
奥社2

平坦な参道を歩いていくとだんだんと両脇には
杉の大木が姿をあらわします。
約1km歩くと↓随神門があり、
奥社3

ここから参道がすこしづつ上り坂になり
杉の大木にはさまれた神聖な領域へと
足を踏み入れていきます。
奥社4

そして最後に階段来たー
奥社5

この階段を登りきると
向かって左に↓九頭龍社
九頭龍社

右には↓奥社があります。
奥社6

順番に参拝し、これで「戸隠神社 五社参拝」達成です

参道をもどり参道入口向かいにある
戸隠民族館・戸隠流忍法資料館・忍者からくり屋敷へ。
戸隠民俗館

ここの忍者からくり屋敷がおもしろいと聞きつけ寄ってみました。

まずは戸隠民族館へ。
昔の人々の生活の知恵がにじみでた民具の展示がしてあります。
中には昔うちにもこんなのがあった、あったーと思ってみてました。

戸隠流忍法資料館は忍者の術が写真解説されていて
手裏剣や吹き矢などの武器も展示されていました。

そして忍者からくり屋敷へ。
入る前はどうせちゃっちい子供だまし(←失礼)の
からくり屋敷だろうとふふん、って態度で中に入る。
ところがこれが結構本格的で説明もなく
自分たちで次の部屋への出入り口をみつけて
(襖を開けると壁だったり、床をずらして階段を見つけたり)
進んで行かなくてはならないので
私1人では絶対出口まで来れなかったよ

実際、出られなくて係りの人を呼ぶケースもたまにあるようです。
私達も途中でまじで係りの人を呼ばなくちゃ!?って思ったしね。

みなさんも是非近くに行った時はチャレンジしてみて下さい。
でも混んでいる時に入ると、前の人が通り抜けた方法が
分かるから空いている時に入るといいと思います。
あと、冬季は休業しているそうです。

ここで時間も2時半ぐらいになったので
さすがにもう空いているだろうとお蕎麦を食べに
「そばの実」へ。
そばの実2

が・・・まだすごい混みようでした
待つこと1時間・・・やっと名前が呼ばれて店内へ。

お腹もへっていた事もありお蕎麦が来た瞬間
うれしくてパクついたため、
美味しいお蕎麦の写真を撮るのを
すっかり忘れてしまいました
↓デザートで頼んだ「そばチーズケーキ」です。
そばの実3

これで長野の旅を終え、帰路へとつきました。

長い長ーい日記を読んでいただき本当にありがとうございました。(ペコリ)

あ、私はやっぱり晴れ女だわ
と妙な確信を得た旅でもありました(笑)
いつでも里親募集中
プロフィール

ビケモコジオルウ

Author:ビケモコジオルウ
犬と猫 読書 旅行
が好きです。
マイペースでぼちぼちと
更新していけたらいいな~
と思ってます。
よろしくお願いします。

ビッケ & モコ & ジオ & ルウ
vicke ビッケ♀ moco モコ♀ ジオ ジオ♂ ルウ ルウ♀
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター